国立大学法人兵庫教育大学言語系コース[国語]

学部生のみなさん

 兵庫教育大学の学部生は3年生になると卒業研究(卒業論文)のテーマによってゼミに分属します。ゼミは、一人の教員のところに、同じ領域で卒業論文を書く学生が集まるような形で構成され、教員の指導を受けながら卒業論文に取り組みます。

言語系コース[国語]の専門科目

 言語系コース〔国語〕では、下記の専門目が開講されています。これ以外に他のコースの授業も受講できます。

授業科目名 履修年次 中学校高等学校
教員免許
備考
国語学 国語学Ⅰ 2 必修  
国語学Ⅱ(音声言語及び文章表現を含む。) 3 必修  
国語学演習Ⅰ 3    
国語学演習Ⅱ 3    
国語・国字論 1    
国文学 国文学Ⅰ 2 必修  
国文学Ⅱ(国文学史を含む。) 3 必修  
古典文学演習 3    
近代文学演習 3    
児童文学論 2・3 選択必修 隔年開講
児童文学演習 2・3 隔年開講
漢文学 漢文学 2 必修  
漢文学演習 3    
書写 書写・書道 2 中学免許のみ必修  
国語科教育 国語科教育法Ⅰ 3 必修 自由科目
国語科教育法Ⅱ 3 必修 自由科目
国語科教育法Ⅲ 4   自由科目
国語科教育法Ⅳ 4   自由科目
日本語教育 日本語教育 3    
日本語教育演習 3    

1年生[前期]の時間割例

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
1限 初等体育Ⅰ   文学と読解 英語
コミュニケーションⅠ
英語
コミュニケーションⅠ
2限 情報処理基礎演習 初等社会Ⅰ 中国語
コミュニケーション
教育心理学
3限 初年次セミナー 教職原論     体育Ⅰ
4限   社会の中の言語文化     初等理科Ⅰ
5限          

2年生[後期]の時間割例

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
1限   道徳教育論     国文学Ⅰ
2限 初等国語科教育法 初等社会Ⅱ 初等理科教育法 初等家庭科教育法A マイクロティーチング実習
3限 初等算数科教育法 教育方法論 国語学Ⅰ   保育内容健康論
4限       初等社会科教育法A 初等生活科教育法
5限   保育内容言葉論      

ゼミ紹介

(1).国語学(現代語)

菅井 三実

 国語学は、日本語そのものを研究対象とする分野です。その中の「国語学(現代語)」では、書き言葉・話し言葉にかかわらず、これまで、新語造語・日英の慣用句・敬語・擬音語・(学生の出身地である)長崎や鳥取の方言などが卒論で取り上げられてきました。身の回りの日本語すべてが研究対象になり得るので、データは無限にあるわけですが、自分でテーマを決めデータ(用例)を集めるという作業が求められます。

(2).国語学(古典語)

田中 雅和

 古い文献に現れる様々な言語事象の実態や、言葉の歴史的変化などについて考察することが中心になります。現代語について考え、或いは教える場合でも、歴史的事実を認識しておくことは重要です。当ゼミでは、古典を研究対象にするものばかりでなく、これまで現代語の興味に基づいた卒業論文も多くあります。現代語を対象にする場合、古典語との関係を考えたり、少し時間を遡ったり、文献調査を中心にしたりすることなどが、現代語ゼミとの違いです。

(3).古典文学

山口 眞琴

 日本の古代(奈良時代)から近世(江戸時代)までの古典に関する卒業研究をしたい人のためのゼミです。具体的には、各自の中間報告とそれに対する批評・アドバイスを繰り返し行っていきます。できるだけ院生や4年生と一緒にやる予定です。ぜひその人たちの報告や議論も参考 にしてください。過去の卒業論文例は「万葉挽歌の研究」「源氏物語六条御息所論」「冷泉院の生涯」「病と説話」「地獄の表現と思想」「静御前の物語伝承についての研究」「『徒然草』の非無常観についての研究」等です。

(4).国語科教育

池田 匡史

 「ことばの力を育てる」とはどのようなことなのか、国語科が目指すものはどのようなものなのかなど、原理的な面も含めて国語科授業のあり方、国語科教育の可能性を考えていきます。その際には、児童・生徒を取り巻く多様な問題と国語科教育との関係や、学生と同じような問題意識を持っていた人たちが展開してきた歴史の蓄積に目を向けることにもなるかと思います。また、ある学習目標を追求するために、読む、書く、聞く、話すという各領域を総合的に学習する単元学習と呼ばれる学習方法・理念についても考えていきます。

(5).国語科教育

羽田 潤

 国語科授業における教材の可能性を、児童・生徒の日常的消費材を対象に追求していきます。具体的には、写真、絵本、マンガ、児童文学、小説、雑誌、新聞、ラジオ、ゲーム、CM、ドキュメンタリー、ドラマ、映画といった、多様なメディア素材を対象に、メディアそのものの分析や、メディアを活用した国語科授業の研究を行います。

(6).国語科教育

吉川 芳則

 児童生徒が楽しく学習し、ことばの力をつける授業をつくるためには、どのような事柄が大切かを考えます。説明文教材や文学教材を読むことを中心に、実際の授業(またはVTR)を見たり、実践記録を具体的に検討したりしながら、学習活動や学習指導過程のあり方を研究します。また、授業を支える学級経営のあり方についても、国語科教育(ことばの教育)の観点から考察します。

(7).日本語教育

岡崎 渉

 日本の学校で学ぶ外国人児童・生徒や、外国語として日本語を学ぶ外国人への日本語教育について研究します。研究テーマの例として、どんな日本語指導が効果的か、日本語のどんなところにつまずきやすいか、地域や学校でどんな取り組みが必要か、といったことが考えられます。また、日本人同士の日常的なやりとり(相互行為)がどのように行われているかを研究することもできます。いずれの研究も、やりとりの録音・録画、実験、インタビュー・アンケート調査等を通してデータを採集することが求められます。

卒業論文の題目例

卒業生の声

野口友梨子(平成30年3月卒業/兵庫県小学校教員)

私は国語が好きで入りましたが、いざ学んでみると知らないわからないことがいっぱいで視野が広がりました。高校とは違い文章を読んで解くのではなく、多角的に専門的なことに触れることかできます。国語学や古典・近代文学、メディア構成などなど本当に様々です。国語は全ての教科の土台。その土台を広く深く学んで、より大きく強くしませんか? ぜひ言語系コース[国語分野]で言葉にたくさん触れて世界を広げてみて下さい。

菊地 歓(平成30年3月卒業/兵庫県小学校教員)

期待と不安を抱きながら入学してきた4月、個人で自由に時間割を組み授業を選べる大学生活の中で、同じクラスとして集まった15人は、「国語が好き」という共通点のためとても話しやすく、国語コースで良かったと感じました。授業を受けるたびにどんどん仲の深まる、素敵なコース、素敵なメンバーでした。各分野に精通した先生方も沢山おられ、どの授業も専門性の高い、教員目指すうえで必要不可欠な授業でした。このコースでの4年間の学びや思い出は、これから教員として働きだしても私の中でしっかり生き続けると思います。