(平成16年4月1日規則第18号)
改正
平成18年11月1日
平成19年10月1日
目次
第1章 総則(第1条-第9条)
第2章 予算(第10条・第11条)
第3章 資金管理(第12条-第14条)
第4章 出納(第15条-第24条)
第5章 契約(第25条-第32条)
第6章 固定資産(第33条-第36条)
第7章 決算(第37条・第38条)
第8章 内部監査及び責任(第39条-第41条)
第9章 雑則(第42条)
附則

(目的)
(適用範囲)
(年度所属区分)
(会計事務の総括)
(会計機関)
(会計機関の職務)
(会計機関の兼務禁止)
(勘定科目)
(会計帳簿及び会計伝票)
(1) 会計帳簿 総勘定元帳 10年
 その他の会計帳簿 10年
(2) 決算に関係する書類 財務諸表 永年
 その他の決算書類 10年
(3) 資金計画及び収支予算 永年
(4) 伝票及び証ひょう 7年
(予算実施計画等)
(予算の執行)
(取引金融機関)
(資金の運用)
(借入金)
(現金,預金及び有価証券の定義)
(収入)
(収納)
(収入金の預入)
(督促)
(債権の放棄等)
(支払の決定等)
(支払の方法)
(仮払)
(現金の保管)
(契約の方法)
(随意契約)
(入札の原則)
(落札の方法)
(契約書の作成)
(保証金)
(監督及び検査)
(政府調達の取扱い)
(固定資産の範囲)
(資産の評価)
(固定資産の減価償却及び減損に関する処理)
(固定資産の管理)
(月次決算)
(年度末決算)
(内部監査)
(会計機関の義務及び責任)
(検定)
(雑則)