芸術系教育コース〈美術〉案内 芸術系教育コース〈美術〉案内 芸術系教育コース〈美術〉案内
芸術系教育コース〈美術〉案内

Attention:本HP掲載のリンク先にアクセスできない場合は、URLをコピーし、Webブラウザの検索窓にペーストして、ご覧ください。
(ご使用の機種やソフトのちがいにより、リンク先に移動できないことがあります)

学習・研究内容と教員紹介

絵画

担当教員:初田隆 大西久

自己の表現意図と画材や技法との密接な関わりを念頭に、実技制作の研究および実技指導の考察をおこなっています。

彫刻

担当教員:村上裕介 前芝武史

新しい素材や技法を取り入れた表現の研究、美術科・図面工作科における立体に関する造形教育の研究等幅広く取り組んでいます。

工芸

担当教員:淺海真弓

自然の素材を取り入れた創意ある表現と工作教育を目指して、木工、窯芸および窯芸および染色などを通して伝統工芸の技法研究をおこなっています。

構成・デザイン

造形の基礎である構成学や色彩学を踏まえ、グラフィックデザイン、写真、映像、CGおよびDTPについて教育します。

美学・美術史学

担当教員:喜多村明里

美術作例や美術家に関する研究、美と芸術をめぐる思想や批評の研究を通じて、美と芸術に関する知見を深め、鑑賞教育や美術批評のスキルを高めます。

図面工作科・美術科教育学

担当教員:福本謹一 高木厚子

授業実践例の分析、教材開発、造形美術行動や認知のしくみについて研究しています。学校における「鑑賞教育」の方法論や指導スキルの研究もおこなっています。